乱闘

非ランクTBが消えてから9ヵ月。WGは7vs7の新しいゲームモードのテストを始めた。これが今開催されている「乱闘」モードだ。

この記事を読む人の殆どはこのゲームモードをプレイ済みかもしれないが、確実に面白いゲームモードなので、本実装への希望も含めて書いていきたいと思う。

 

目次

 

 

ゲームプレイした感想

戦闘形態

やはり少人数vs少人数は、自分の腕前がモロに出るので面白い。

今までチームバトルをプレイしてきたプレイヤーにとっては、総Tier70の形態は懐かしくて涙が出てくると思う。

マップ

マップの選択はWargamingにしては異例の神選択。

また、TBのような攻防戦ではなく、Capが真ん中にあって攻防が無い遭遇戦にした点も良かった。防衛サイドなんて出来たら絶対に攻撃側が勝てない。

車両貸し出し

今回の乱闘では「WZ-111 5A BR」「Obj. 140 BR」の2輌が貸し出された。

Chieftainや907を所持しているプレイヤーにとっては全く関係の無い話だが、Tier10を全然持っていないプレイヤーにとっては大変重要になってくる。

色々な車両に乗ってきた身からすると、貸し出し車両が5Aと140なのはとても良い。

強すぎず、弱すぎず、単発貫通も申し分なく、形が標準的なので扱いやすい。

マップ選択含めWargamingにしては本当によくやってると思う。

報酬

個人リザーブ+クランリザーブ+通常弾のみで高貫通率+生還+勝利

で平均70,000~80,000Crの黒字になる。

勝率が9割以上担保できるのであれば金策にもなるのだが、実際にはクランリザーブが焚かれていないかもしれないし、金弾を撃たなくてはいけないこともあるかもしれない。

やはりTier10の戦闘なので、収支がキツい

その収支の計算もあって、1日8戦で400,000Crの報酬なのかもしれないが、このままの報酬のまま実装したら、確実に人口が超少ない謎ゲームモードになってしまうので、その辺の改善を本実装の時にはしていただきたい。

ランダム戦はTier8クレジット優遇車両で戦闘できるが、このモードはできないので収支が同じなのはおかしい。

 

使ってて強かった車両・弱かった車両

強かった戦車

T95/FV4201 Chieftain

結局は報酬車両。CWでもランダムでも強いのどうにかしてほしい。

CWとかランダムで強い理由と同じ。頭堅くて足速くてAPCR

Object 907

乱闘モードはランダム戦要素20%・集団戦要素80%なので、集団戦で強い907は勿論強い。

弾を受けながら弾を吐き続けることができる。

STB-1

意外かもしれないが、精度の悪い5Aや60TPが蔓延している環境ではかなり強い。

また、マップも俯角を使えるポジションが多いマップばかりなので、高いDPMも相まって強い。907よりもChieftainに似たムーブになる。

B-C 25 t

やはりTBで使われていただけあって、少数vs少数の戦いでは強い。

ただPSがモロに出るので辛い時もある。

Object 268 Version 4

通常弾が飛び交う戦場では強い。強引にCapを切ったりもできるし、そもそもこいつの弱点を知らないプレイヤーが沢山いる。

普通に戦えるであろう戦車

Object 430U

乱闘で大切な精度拡散や足が907と比べて劣っているので乗り続けることはない。ただ経験値の星消し程度なら許されると思う。

Object 260

足が速いのでまだ戦えるが、結局Chieftainの方が使えるポジションが多いので、これも星消し程度。

Object 277

同上

戦えそうだけど実は弱い戦車

Object 279 early

相手に金弾を使わせるための嫌がらせ専用戦車。

足が遅い故に、戦場に置いていかれたりすることが多い。

結局このゲームは枚数差があればどんなプレイヤーでも勝てるので、足が無いこいつは弱い。

 

その他思ったこと

黄金比

このゲームモードの小隊における黄金比は「Cheiftain-907-907」の編成だと感じた。

報酬車両ばかりで本当に申し訳ないのだが、Chieftainで最低限の前線維持能力を残しておきながら、907を2枚入れておくことによって、強襲なども可能とする編成である。

基本はChieftainのムーブに合わせて907を動かすことが多い。

野良

BR勢の地雷率は勿論だが、通常車両の地雷率もかなり高くて驚愕した。

HP差があったら1vs1の戦いは基本的に負けないんだから前に出てほしい...

CAP

CAPポイントは180p*1(1輌-180s, 2輌-90s, 3輌-60s)なので、大体は決まらない。

それをわかっていないプレイヤーがCAPを踏み続けるので、CAPを踏んだほうが3枚落ちで戦う羽目になる。なので、CAPを踏んだほうが負ける。

ただし、CAPポイント180p制は悪くないので、プレイヤー側に慣れてもらうしかないのが辛いところ。

 

新ゲームモード「乱闘」の総評

結論から言うと、かなり面白いゲームモードである。

Wargamingにしてはマップチョイスや貸し出し車両など、ゲーム性が崩壊しない良いところを突いていると思う。

ただ、先ほども言ったように、収支面での改善をどうにかしないとこのゲームモードは破綻すると思うので、本実装でどの様な対策を打ち立ててくるのか楽しみだ。

*1:実際のCAPポイントは100pだが、そうすると0.56p/sとややこしくなるため、便宜上180pとした。